TOP > ガラスDIY講座 > 切断面の処理をしよう! 戻る

第2回 切断面の処理をしよう! - ガラスの側面をピカピカに磨こう! -

ガラスの切断面は包丁のようにとても鋭く、危険です。また、テーブルのガラスなどガラスの側面(小口といいます)を磨くととても綺麗です。第2回はガラスの切断面の処理をしよう!と言うことで、ガラスの小口の磨き方の説明をします。

2-1 ガラスの側面をピカピカに磨く  難易度★☆☆☆☆(超簡単)

テーブルなどの上におくガラス(ガラステーブルトップ)などを作る場合、断面が切りっぱなしだととても危険です。 またデコボコしている為、見栄えが悪い為、グラインダーを使ってピカピカに磨く必要があります。ここではガラスの側面の磨き方を説明いたします。 詳しくは動画をご覧下さい↓

【動画による解説】 中央の再生ボタンをクリックしてください

【写真による解説】 動画を見れない方はこちらをご覧下さい

ガラスの切断面は鋭く危険凸凹している為、見栄えが悪い ガラスの側面(小口)を磨くにはラインダーを使用します まずは#180番のディスクを使用し荒めに仕上げます
グラインダーの回転は低速にします5500/minぐらいがベストです 鋭い切断面をなぞるようにガラスの角を落とします 手を切らない程度で見栄えを気にしないならこれでOKです
次に表面の凸凹をなくす感じでガラスの側面を磨きます 表面はまっすぐになりますが白くなり、輝きはありません ピカピカにするにはハイラップ#220番を使用します
同じように低速で側面(小口)を磨きます このようにピカピカに磨くことが出来ます

【ガラスを磨く時ののココがポイント】 綺麗(ぴかぴか)に速く磨くには? 

ガラスカッターでガラスをカットすると、必ず表面が凸凹になっています。 ガラスを磨く場合、いきなり仕上げ用のハイラップで磨くと削れる部分が少ない為にとても時間がかかります。 ハイラップ(仕上げ用)を使う前に、#180のディスクで荒削りし、表面を平らにすることによって、仕上げをする時間も極端に削減され、少ない時間で綺麗に磨くことが出来ます。#180と#220ハイラップの2枚使いがお薦めです。

このページで紹介した商品-ネット特別価格で好評販売中!-

ディスクグラインダー ディスク砥石#180 荒ずり ハイラップ砥石#220 仕上げ
TOP > ガラスDIY講座 > 切断面の処理をしよう! 戻る