TOP > ガラスDIY講座 > くもり止め鏡を作ろう! 戻る

第9回 くもり止め鏡を作ろう! -鏡用の防曇ヒーターの施工-

洗面所(脱衣所)のように、湿気や湯気で鏡が曇ってしまう所の鏡に、くもりを取る鏡用 くもり止めヒーターを取り付け方をご紹介します。 ここで紹介するのは、商品の使い方をある程度知っていただく為に紹介しています。個人で施工は漏電の恐れがあり、火災の危険性もありますので、電気工事関連の業者の方にお願いしてください。

施工は必ず電気工事関係の業者の方にお願いしてください
ここで紹介するのは、商品の使い方をある程度知っていただく為に紹介しています。 個人で施工は漏電の恐れがあり、火災の危険性もありますので、電気工事関連の業者の方にお願いしてください。

9-1 鏡用 くもり止めヒーターの取り付け方 難易度★★☆☆☆(簡単)

防曇ヒーターを使った、くもり止め鏡の施工方法をご紹介します。
今回は説明用に石膏ボードで説明していますが、下地によって施工方法を検討してください。
※施工は電気工事関係の方にお願いしてください。
詳しくは動画をご覧下さい↓

【動画による解説】 中央の再生ボタンをクリックしてください

【写真による解説】 動画を見れない方はこちらをご覧下さい

鏡を壁にはる道具を用意します
※鏡の貼り方は下に記載
防曇ヒーターはシール式になっています 鏡の顔を映し出す高さに防曇ヒーターを貼り付けます
電源ユニット部(黒い四角)の位置を採寸し 壁側に電源ユニット部がくる部分に印をつけ 切り抜きます(約80×80mm)
コンセント部分 鏡を貼る準備が出来たら
※貼り方は下記載(別記載)
電源コードを壁の裏側に通し
鏡を貼り付けます 電気工事(スイッチ等工事)をして完成です

【鏡の貼り方】 鏡の貼り方を動画で解説します

【くもり止めヒーター取り付けのココがポイント】鏡は防湿タイプを選ぼう!!

洗面所にせっかく曇り止めヒーターを導入するのに、鏡がすぐ傷んで数年で駄目になってしまうのは勿体無いですよね。 洗面所は湿気がある為、通常の鏡では鏡の縁から黒いカビのような腐食をし、すぐに駄目になってしまいます。防湿タイプの鏡は鏡の縁、裏面(銀引き面)を防腐加工してあるため、耐腐食性の高い鏡です。
姉妹店の鏡の販売.COMで防湿ミラーをオーダーサイズで購入することが出来ますので、是非ご利用下さい♪
防湿ミラーのオーダーメード「鏡の販売.COM」はこちら

鏡用 くもり止めヒーター よくある質問

電源ユニット部の切り抜きのサイズを教えて下さい?

電源ユニット部のサイズが約40×45×10mmです。
ユニット部から電源コードが横に出ている為、余裕をみて約80×80mmの穴を切り抜いてください。


このページで紹介した商品-ネット特別価格で好評販売中!-

鏡用 くもり止めヒーター 滑り止め付き定規 コーキングガン
TOP > ガラスDIY講座 > くもり止め鏡を作ろう! 戻る