TOP > ガラスDIY講座 > ガラスの捨て方(処分方法) 戻る

第11回 ガラスを捨てよう! -大きなガラスを小さく切って捨てる-

大きなガラスの板を捨てたい(処分したい)けど、どうやって捨てればいいのか分からない。そんな方の為に大きなガラスを切断して捨てる方法を紹介します。

11-1 ガラスの捨て方 難易度★☆☆☆☆(超簡単)

大きなガラスを捨てるには、まずガラスカッターという道具を使って、 ガラスを小さく切断し、燃やせないゴミの日に出すというのが一般的です。 詳しくは動画をご覧下さい↓

【動画による解説】 中央の再生ボタンをクリックしてください

【写真による解説】 動画を見れない方はこちらをご覧下さい

ガラスを捨てるにはガラスカッターを使います ガラスカッターにカッテングオイルを入れます 段ボールを敷きガラスを置きます
ガラスカッターでガラスに傷を付けます 傷に合わせてガラスを割ります さらに細かくする為ガラスに傷をつけます
傷に合わせてガラスを割ります ガラスを捨てやすい大きさにカットします カットしたガラスを段ボール箱等に入れます
箱に見やすく「ガラス」と書きます 燃やせないゴミの日にゴミ捨て場に出して下さい 詳しくは、各自治体にお問合せ下さい

【ガラスを捨てる場合のポイント】

不要になった大きなガラスはガラスカッターで細かく切断して処分するのですが、処分せずにガラスカッターで小さくした物を再利用するのもお薦めです。 小さいガラスなら邪魔にはなりませんし、保管が楽になりますね〜♪ 水槽の蓋や、工芸の材料として再利用される方が多いですよ〜♪ガラスカッターは一家に一本あると便利!工具箱にガラスカッターを一本入れておきましょう〜♪

このページで紹介した商品-ネット特別価格で好評販売中!-

ガラスカッター カッティングオイル
TOP > ガラスDIY講座 > ガラスの捨て方(処分方法) 戻る