ガラスの加工に最適!「ディスクグラインダー」の使い方

ガラスの加工に最適!「ディスクグラインダー」の使い方

ガラスの加工に最適!「ディスクグラインダー」の使い方

「ガラスの加工は、ガラス屋さんにお願いしないとできない」とお考えの方はいませんか?「ディスクグラインダー」を使えば、一般の方でもガラスの断面を磨いてピカピカにしたり、角をとったりなどの加工が簡単にできるんです!そこで今回はディスクグラインダーの使用方法を紹介していきたいと思います。

「ディスクグラインダー」とは?

ディスクグラインダーはガラスの断面を磨いたり、角を加工したりする時に使用します。ガラスの場合は低速で加工しないと、摩擦熱で割れてしまいます。そのため変速付きのグラインダーを使う必要があります。

ディスクグラインダー

ディスクグラインダーの使い方

それではディスクグラインダーの使い方を紹介していきます。

砥石の交換方法

まずは砥石の交換方法。この砥石を回転させることでガラスを磨いていきます。

1. 砥石押さえを外す

はじめに砥石押さえを外します。

1. 砥石押さえを外す

シャフトロックボタンを押しながらシャフトを回転させ、ロックさせます。シャフトロックボタンを押すことで、グラインダーが回転しなくなり力をかけやすくなります。

1. 砥石押さえを外す
1. 砥石押さえを外す

付属のスパナを使い砥石押さえを外します。

1. 砥石押さえを外す

砥石押さえを外しました!

1. 砥石押さえを外す

2. 砥石を取りつける

砥石を用意し、回転軸に取りつけて付属のスパナで固定します。

2. 砥石を取りつける

砥石押さえの向き(裏表)は、砥石の種類によって異なるので確認してから取り付けていきましょう。

2. 砥石を取りつける

操作方法

1. 電源がOFFになっているのを確認

コンセントを差し込む前に、必ず電源がOFFになっているのを確認してください。

1. 電源がOFFになっているのを確認

2. コンセントを差し込み、電源をONにする

スイッチをONにすると砥石が回ります。

2. コンセントを差し込み、電源をONにする

作業に応じて「変速ダイヤル(※)」で回転数の変更を行えます。

※変速数の目安 : ガラスの厚み3mm〜5mmの場合、変速数2、3程度

作業に応じて「変速ダイヤル」で回転数の変更を行う

あとは切断面をなぞるようにガラスを磨いていきましょう。

切断面をなぞるようにガラスを磨く

ディスクグラインダーについてお気軽にご連絡ください!

いかがでしたでしょうか。「ディスクグラインダー」があれば、簡単にガラスの断面を磨くことができますよ。DIYが趣味の方にはオススメです。ディスクグラインダーについて、気になることやご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。専門スタッフが丁寧に対応いたします。

お見積り・お問い合わせはこちら!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)