ランニングプライヤー

ランニングプライヤー

  • ランニングプライヤー 本体画像 -1
  • ランニングプライヤーの先端 -1
  • ランニングプライヤーでガラスを挟む様子 -1
  • ランニングプライヤー 本体画像 -1
  • ランニングプライヤーの先端 -1
  • ランニングプライヤーでガラスを挟む様子 -1

ガラスは「ガラスカッター」で傷をつけた後、その傷に沿って割る、という方法で切断します。傷に沿って割る際に使用されるのがこのランニングプライヤーです。厚み6mmまでのガラスに対応しています。

品番
G0150
定価
5,280 (税抜)
在庫
在庫あり
単価
3,980円(税抜)
数量
  • 1~999個の範囲で 1個単位で販売
小計
円(税抜)

商品がお気に召さない場合、 パッケージ開封後でもご返品をお受けいたしますので、 安心してご購入いただけます。 詳しくはこちら

ランニングプライヤー RP画像

初めてガラスを切る方や女性の方に人気

ランニングプライヤーを使ってガラスを割る様子 -1

ガラスはガラスカッターで傷をつけたあと、傷に沿って割るようにカットするのですが、結構力が必要です。「割れてしまったら怖い」と思うと、なかなか力が入れられず、上手く割れないこともあります。

「ランニングプライヤー」はガラスカッターで傷をつけたガラスを軽い力で簡単に割ることができる道具です。

対応ガラス厚 ~6mm

厚みのあるガラスは厚板用のプライヤーをお使いください

厚板用ランニングプライヤー 本体画像 -1

ガラス厚が5mmを超えて、8mm、10mmと分厚くなってくると、 普通のランニングプライヤーでは「開き」が狭く、はさむことが出来ません。また、5mm以上の厚板ガラスになると、素手で割るのは不可能に近く、かなり困難です。 厚板のガラスは「厚板用ランニングプライヤー」を使うことで簡単に割ることができます。

3つの特徴

ランニングプライヤー 3つの特徴(1)(2)(3)
1 プラスチック製なので、使用感も良く軽量です。
2 「力に自信がない」「ガラスを手で直接割るのが怖い」という方でも、簡単にガラスを割ることができます。
3 曲線切りでもお使いいただけます。ステンドグラス製作にもオススメです!

関連商品

同時に次の商品も購入されています

ランニングプライヤーの使い方

ランニングプライヤーの使い方 (1)(2)(3)
1 カットしたい形状に沿って、ガラスカッターでガラスに傷をつけましょう。
2 カッターで付けたガラスの傷と、ランニングプライヤーの白線を合わせて、ぎゅっとグリップを握ります。
3 少し力を加えるだけで、ガラスが綺麗にパリッと割れます。

弊社のガラスDIY講座「第1回 ガラスを切ってみよう!」でもランニングプライヤーが登場します。解説動画も掲載しており、実際にランニングプライヤーを使ってガラスを割っている様子をご覧いただけます。

よくある質問

お電話でのご質問やご注文もお気軽にどうぞ!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)