第2回 切断面の処理をしよう! - ガラスの側面をピカピカに磨こう! -

第2回 切断面の処理をしよう!

ガラスの側面をピカピカに磨こう

ガラスの切断面は刃物のようにとても鋭く、大変危険です。切断後に砥石などを使い、鋭くなっている部分を削り落とす必要があります。ガラスの切断面磨きは安全性の確保だけでなく、ガラス素板をテーブルトップや棚板に使用される場合は、見た目の印象アップにも繋がります。第2回は「ガラスの切断面の処理をしよう!」ということで、ガラス切断後の小口の磨き方をご説明いたします。

1. ガラスの側面をピカピカに磨く

難易度★☆☆☆☆(超簡単)

テーブルなどの上に敷くガラス(ガラステーブルトップ)などをDIYする場合、切りっぱなし状態だと断面が鋭くとても危険です。 また鋭いだけでなくデコボコしていので見栄えも悪く「ディスクグラインダー」と「ガラス用ディスクグラインダー砥石」を使ってピカピカに磨く必要があります。ここではそのディスクグラインダーと専用砥石ディスクを使った、ガラスの側面の磨き方をご紹介しています。動画もご用意しておりますので、そちらも併せてご覧ください。

 

 

ガラスの側面の磨き方

  1. ソフトジスク #180 で切断面の角を落とす
  2. ソフトジスク #180 でガラスの側面を磨く
  3. ハイラップ #220 で側面を磨く
ガラスの側面(小口)を磨くにはグラインダーを使用します

かなり鋭くなっているカットしたばかりのガラス切断面。不規則な凹凸もあり、見栄えがあまり良くありません。さっそくグラインダーを使って整えていきましょう!

 

1.ソフトジスク #180 で切断面の角を落とす

1.#180で切断面の角を落とす

まずは「ソフトジスク #180」を使用し、粗めに磨きます。グラインダーの回転速度は、5500/min 程度の低速モードに設定しましょう。

 

鋭い切断面をなぞるようにガラスの角を落とします

鋭い切断面をなぞるようにグラインダーを当て、カドを落としていきます。これで、ひとまず手が切れない状態になりました。窓枠などでガラスの側面が隠れてしまう場合や、小口の見栄えを気にしない場合は、これで切断面の処理は完了です。

 

2.ソフトジスク #180 でガラスの側面を磨く

2.#180番でガラスの側面を磨く

続いて、切断面の見栄えを良くする処理をしていきましょう。断面のデコボコをならすように磨きます。凹凸が取り除かれまっすぐになりますが、白っぽい仕上がりで輝きはありません。

 

3.ハイラップ #220 で側面を磨く

3.#220 ハイラップ で側面を磨く

ピカピカにするには「ハイラップ #220」を使用します。ディスクグラインダー砥石を付け替えて、凹凸をならした時と同じように、低速(5500/min)で断面(小口)を磨いていきましょう。

 

3.ハイラップ #220 で側面を磨く

写真のように、ピカピカに磨くことができました。

 

ガラスを磨く時のココがポイント!

手早く綺麗(ぴかぴか)に磨くには?

ガラスカッターでカットしたガラスの切断面は凹凸が大きく、いきなり目の細かい仕上げ用ディスクで磨こうとすると、削れる量が少ないため時間がかってしまいます。仕上げ用ディスクを使う前に、目の粗いディスクで荒削りし、表面を平らにしておくことで、仕上げ時間も削減され、短時間で綺麗に磨き上げることができます。ガラスの小口磨きには「ソフトジスク #180」と「ハイラップ #180」の2枚使いがオススメです。

 

使用商品

ガラスのことなら私達にお気軽にご相談下さい!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)