第5回 ガラスに穴をあけよう! -ガラスにいろんなサイズの穴をあける-|ガラスのホームセンター「ギヤマン」

第5回 ガラスに穴をあけよう!

ガラスに穴を開ける方法

ガラスに穴をあけたいというニーズは特に多く「水槽の蓋にポンプ管用の穴をあけたい」「窓にエアコンダクトを通す穴をあけたい」「ガラス雑貨を作る為にガラス瓶やガラス管に小さな穴をあけたい」など様々です。

穴あけと言っても20cmぐらいの大きな穴から、3mm程度の小さい穴までいろいろあります。穴の大きさによって道具が違いますので、それぞれご紹介いたします。

金物のサイズ&取り付け方法一覧表

  ルーター&ビット ガラスドリル ダイヤモンド
コアドリル
サークルカッター プロ用サークルカッター
 
穴の推奨サイズ 極小
1〜6mm

3〜12mm

10〜60mm

45〜250mm
特大
70〜600mm
仕上がり 凄く綺麗
★★★★☆
綺麗
★★★☆☆
綺麗
★★★☆☆
普通
★★☆☆☆
普通
★★☆☆☆
スピード 速い
★★★★☆
時間が掛る
★★☆☆☆
普通
★★☆☆☆
時間が掛る
★★☆☆☆
時間が掛る
★★☆☆☆
難易度 簡単
★★☆☆☆
普通
★★★☆☆
普通
★★☆☆☆
慣れるまで
難しい★★★★☆
慣れるまで
難しい★★★★☆

1. ガラス穴あけ(ルーター&ビット)

難易度★★☆☆☆ (簡単)

一番簡単で、失敗の少ないガラスの穴あけ方法です!
道具は高価ですが、最も簡単で失敗しにくいのは「ルーター(リューター)」と「ビット」という工具を使った穴あけで、穴の仕上がりも一番きれいです。 またガラスドリルに比べて穴をあけるスピードが速いので、大量に穴あけをされる方は、この方法が一番オススメです。 一般的には歯科医師が使う工具で、工具自体の振動が少なく、「穴を広げる」「長穴をあける」「ガラス瓶の穴あけ」などの精密な加工をすることが出来ます。
あけることができる穴の径は、ビットの径の関係上1φ〜6φ程度が推奨されます。穴を広げることも可能ですが、きれいな円形の穴をあけたい場合は6φまでがお薦めです。

1. ルーターとビットを用意する

1. ルーターとビットを用意する

歯科医が利用する精密ルーターとビットを使った穴あけ方法です。ルーターにビットを取付ける為のアタッチメントを取付けします。

2. 水をかけながら穴あけを行います

2. 水をかけながら穴あけを行います

ルーターに取付けたビットは右に回すと固定されます。手でガッチリ固定して水をかけながら、穴あけを開始します。

3. ガラスの半分まで穴が空いたら裏返す

3. ガラスの半分まで穴が空いたら裏返す

ガラスの半分まで穴あけし終えたら、ガラスを裏返しにします。

4. 同じように穴あけする

4. 同じように穴あけする

反対側から穴の中心を狙い、同じように穴あけします。今度は貫通するまで続けます。

5. 円柱型のビットに交換する

5. 円柱型のビットに交換する

穴の側面を綺麗にする為、円柱型のビットに交換します。穴あけ時と同じように水をかけながら穴の側面をきれいに磨きます。

6. 穴あけ完了!

6. 穴あけ完了!

このように、きれいな穴があきました。

ルーター&ビットによる穴あけのココがポイント!

失敗なく穴あけする方法とは?

最初に選ぶビットは穴あけしたい大きさより小さい球体のビットで穴をあけ、円柱のビットで側面を磨いて穴を広げて行く方法がオススメです。また、冷却水は必ずかけてください。普通の水で大丈夫です。冷却水をかけないと摩擦で熱をもち、ガラスが削れていきません。またビットの摩耗も早くなります。

1、2度は練習用のガラスで練習をすることで、穴あけの感覚を掴めるかと思います。

使用商品

2. ガラスの穴あけ(ガラスドリル)

難易度★★★☆☆ (普通)

3mm~12mmの小さな穴をあける場合は、ガラスドリルを使用します。ガラスドリルで穴をあける際の注意点は「急がない!」ということです。

1. ガラスドリルを用意する

1. ガラスドリルを用意する

小さい穴あけはガラスドリルを使用します。はじめに電動ドリルにセットしましょう。

2. ガイドを使用してガラスに印をつける

2. ガイドを使用してガラスに印をつける

最初は小さな穴のあるガイドを使いガラスに傷(印)を付けます。少しの穴があけばドリルの先が滑ることはありませんので、ガイドを外します。

3. 水をかけながら穴あけする

3. 水をかけながら穴あけする

水をかけながら(冷却しながら)低速で急がず穴あけします。下の土台は穴があいてもいい木の板などにしてください。

5. 穴あけ完了!

5. 穴あけ完了!

小さな穴あけの完了です!

小さい穴あけのココがポイント!

とにかく急がない!最初はガイドを使う!

ガラスドリルで穴をあける時のポイントですが、まずいきなりガラスにドリルをあててもガラスの表面がすべり、思った位置からずれてしまいます。なんでもいいので、小さな穴のあいたガイドを作り、穴をあけたい位置にドリルで傷を付けてください。
少し削れば、すべってズレたりすることは無いので、あとは簡単に穴をあけることができます。
ただし、急がないでください。木や鉄に穴をあける場合と違い、ガラスは割れの危険がありますので、上から力をかけないようにしてください。動画ではカットされていますが、実際は結構時間のかかる作業です。あわてずゆっくりと、必ず水で冷却しながら作業してください!

使用商品

3. ガラス穴あけ(ダイヤモンドコアドリル)

難易度★★★☆☆ (普通)

10mm以上の大きな穴をあける場合はダイヤモンドコアドリルを使います。なぜダイヤモンドコアドリルを使うのかよく聞かれますが、大きなガラスドリルがない・・・理由はただそれだけです!
ダイヤモンドコアドリルは、まっすぐに電動ドリルを持たないといけない分、ガラスドリルの穴あけよりも若干難易度が高いです。

1. 専用ガイドを吸盤で固定する

1. 専用ガイドを吸盤で固定する

中ぐらいの穴(10mm~60mm)をおけたい時にダイヤモンドコアドリルを使用します。まずは、ガラスに専用ガイドを吸盤で固定します。

2. 電動ドリルにダイヤモンドコアドリルを装着する

2. 電動ドリルにダイヤモンドコアドリルを装着する

電動ドリルにダイヤモンドコアドリルを装着します。ガイドはスライドするのでいろんなサイズに対応出来ます。

3. ダイヤモンドコアドリルのサイズにガイドを合わせる

3. ダイヤモンドコアドリルのサイズにガイドを合わせる

使うダイヤモンドコアドリルのサイズにガイドを合わせます。冷却のために水をかけながら低速で穴あけをあけていきます。

4. 穴あけ完了

4. 穴あけ完了

ガイドのおかげでこの通り簡単に穴があきました!

小さいダイヤモンドコアドリル用のガイドもあります♪

小さいダイヤモンドコアドリル用のガイドもあります

小さいコアドリルはこちらの吸盤を使用します。同じように冷却水は必ずおかけください!

コアドリル(小)の使用方法

ドリルの経にピッタリの穴(ガイド)を使用して簡単に穴があきました。

コアドリルによる穴あけのココがポイント!

失敗なく穴あけする方法とは?

ダイヤモンドコアドリルで穴あけする際に一番大切なことは、電動ドリルをまっすぐに持つということです。斜めに穴あけすると最後が半円残りますので、まっすぐに持って下さい。電動ドリルスタンドを使うとまっすぐに穴あけが出来ます。また、冷却水は必ずかけてください。普通の水で十分です。冷却水をかけないとガラスが熱をもち割れてしまいます。しつこいようですが必ずおかけください。1、2度は練習用のガラスを用意し練習して感覚を養ってください。

使用商品

4. ガラス穴あけ(サークルカッター)

難易度★★★★☆ (やや難しい)

大きな穴をあける場合は、ガラスドリルやコアドリルは使いません。ガラスサークルカッターという、円形にカットするガラスカッターを使います。 サークルカッターは2種類あり、安い方はφ100mm~φ240mm、プロ用はφ90mm~φ600mmの穴をあけることが出来ます。

1. マジックで印を付ける

1. マジックで印を付ける

まず穴あけする位置の中心にマジックで印を付けます。カットする位置にあらかじめカッティングオイルを塗ります。

2. 円形にガラスをカットする

2. 円形にガラスをカットする

中心をしっかりもって円形にガラスをカットします。裏側から豆ハンマーで叩き亀裂をしっかり入れます。

3. 一回り小さい円をつくってカットする

3. 一回り小さい円をつくってカットする

ひと回り小さい円を同じようにカットします。内側の円も裏側から叩いてしっかり亀裂をいれてください

4. カッターの先端を横向きに付け替える

4. カッターの先端を横向きに付け替える

カッターの先端を回し外して横向きに付け替えます.カッティングオイルをガラスに沢山塗ります

5. 円の中を格子状にカットする

5. 円の中を格子状にカットする

通常のガラスカッターのように使い格子状にカットします。こんな状態で書いた二つの円を超えないでください

6. ガラスを砕いて取り除く

6. ガラスを砕いて取り除く

豆ハンマーで裏側から叩き格子状のガラスにヒビを入れます。ある程度叩いて、中心を貫通させたら、あいた穴からやっとこを使ってガラスを砕いていきます。

7. 内側の円と外側の円の間にカッターで傷をつける

7. 内側の円と外側の円の間にカッターで傷をつける

内側の円と外側の円の間に12本ほどカッターで傷を付けます。外側の円を超えないように注意してください。

8. ガラスを取り除く

8. ガラスを取り除く

豆ハンマーで一か所貫通させ、やっとこを使い、残りのガラスをはずしていきます。

9. 穴あけ完了!

9. 穴あけ完了!

これで穴あけの完了です

プロ用吸盤

プロ用吸盤

プロ用は吸盤がしっかりしていてさらに大きな穴も開けられます

サークルカッター穴あけのココがポイント!

■亀裂をしっかり入れる
ガラスはまっすぐ割れる習性があります。内側の穴は割れるのをそこで食い止める役割があります。亀裂をしっかり入れておかないと、このラインでは割れが止まらず、失敗してしまいます。内側も外側もしっかり亀裂を入れておくことが大切です。

■ガラスを砕く際は、必ずやっとこを使う
また、やっとこでガラスを砕くのですが、ペンチでやると失敗します。ペンチはガラスをつかめず、ガラスの角だけが砕けます。

■出来るだけ先のとがったもの(豆ハンマー)で亀裂を入れる
豆ハンマーはガラス穴あけ専用に作られた、先のとがったハンマーです。
先がとがっていないと、叩いた時に、ガラス全体に力が掛かり、ガラスが2つに割れてしまいます。
先のとがった豆ハンマーを使うことをお勧めします。

■頻繁に穴あけの予定がある人はプロ用を使う
プロ用のサークルカッターは吸盤がしっかりしていて、カットする時に位置がズレてしまうことがありません。さらに目盛がついている為、いちいち定規で測らなくても自分の思うサイズに穴あけが出来ます。今後、頻繁にガラスに穴あけをされる予定のある方は、プロ用を使うことをお勧めいたします。

使用商品

5. ガラス穴あけ(プロ用サークルカッター)

難易度★★★★☆ (やや難しい)

より大きな穴や頻繁に穴をあける場合は、プロ用のガラスサークルカッターがオススです。
プロ用はφ90mm~φ600mmの穴をあけることが出来ます。

1. サークルカッターをガラスに固定する

1. サークルカッターをガラスに固定する

サークルカッターをガラスに固定し、カッターを一周させながらカッティングオイルをつけます。

2. ガラスをカットする

2. ガラスをカットする

カッターの刃を押し付けるようにガラスをカットします。ガラスに傷がついたら、裏から豆ハンマーで叩き、全周に亀裂を入れます。

3. 円の内側を同じようにカットする

3. 円の内側を同じようにカットする

最初にカットした円より内側を同じように円形にカットします。内側の円にもしっかりと亀裂を入れます。

4. カッターの先端を取り外す

4. カッターの先端を取り外す

「直線カット」をするためにカッターの先端を取り外します。小さい円の内側を格子状にカットしていきます。

5. 裏から亀裂を入れる

5. 裏から亀裂を入れる

画像のように斜め(ひし形)にカットしたほうが、後で楽です。ひし形状にカットできたら、裏から叩き全体に亀裂を入れます。

6. やっとこでガラスを砕く

6. やっとこでガラスを砕く

中央部分をしっかり叩き穴を開け、穴を広げるようにヤットコでガラスを砕いていきます。内側の円まで全て取り除きます。

7. 円の間を5ヶ所カットする

7. 円の間を5ヶ所カットする

カッターの先端で、2つの円の間を5ヶ所カットします。外側の円を超えないように注意してください。

8. やっとこで残りのガラスを取り除く

8. やっとこで残りのガラスを取り除く

残りのガラスをやっとこで砕いていきます。外側の円まで全て取り除きましょう。

9. 穴あけの完成!

8. 穴あけの完成!

最後に手を切らないように砥石で切断面を磨いたら、穴あけの完了です。

サークルカッター穴あけのココがポイント!

■亀裂をしっかり入れる
ガラスはまっすぐ割れる習性があります。内側の穴は割れるのをそこで食い止める役割があります。亀裂をしっかり入れておかないと、このラインでは割れが止まらず、失敗してしまいます。内側も外側もしっかり亀裂を入れておくことが大切です。

■ガラスを砕く際は、必ずやっとこを使う
また、やっとこでガラスを砕くのですが、ペンチでやると失敗します。ペンチはガラスをつかめず、ガラスの角だけが砕けます。

■出来るだけ先のとがったもの(豆ハンマー)で亀裂を入れる
豆ハンマーはガラス穴あけ専用に作られた、先のとがったハンマーです。
先がとがっていないと、叩いた時に、ガラス全体に力が掛かり、ガラスが2つに割れてしまいます。
先のとがった豆ハンマーを使うことをお勧めします。

使用商品

ガラスのことなら私達にお気軽にご相談下さい!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)